あごのたるみに別れを告げる|リフトアップ活用で若返り

レディ

魅力的な顔になる

注射器

垂れ下がった目元や頬

顔の肌がたるむと、各パーツが垂れ下がってきます。特に目元や頬が垂れ下がりやすいのですが、これにより顔は老けて見えるようになります。なぜなら垂れ下がることで、目元の小じわやほうれい線といったシワが生じるからです。逆に言えば、垂れ下がったパーツを持ち上げれば、シワは除去されますし、若々しく見えるようになるということです。そのため若々しい顔になることを希望する多くの人が、美容外科でリフトアップのための治療を受けています。リフトアップ効果のある治療には多くのものがあるのですが、その中でも特に注目されているのはヒアルロン酸注入です。ヒアルロン酸はとろみのある液体なので、注入しても一般的な注射液のように体内にすぐに吸収されることはありません。注入したその場で形状を保つので、シリコンを挿入した場合のように、その部分は盛り上がるのです。その盛り上がりによって、垂れ下がった目元や頬が、押し上げられるわけです。注入するだけなので施術は数分で終わりますし、ダウンタイムも生じません。そのためヒアルロン酸によるリフトアップには、高い需要があるのです。

分子サイズを大きく

ヒアルロン酸は、人間の体内でも生成されている成分なので、安全に注入できるというメリットがあります。シリコンなどの異物と異なり、体内に入っても、アレルギー症状などが出てくる心配がほとんどないのです。ただし、だからこそ注入したヒアルロン酸は、体内で生成されたヒアルロン酸と同化していきます。つまり効果が徐々に失われていくということなのですが、それを防ぐために、リフトアップに使用されるヒアルロン酸は、分子サイズを大きくしてあります。体内のヒアルロン酸と比較すると、ひとつひとつの分子が大きいため、同化しにくくなっているのです。そのため2〜3年ほどは形状を維持しますし、それによってリフトアップ効果も持続することになります。2〜3年経過して、効果が薄れてきた場合には、もちろん追加での注入による再度のリフトアップが可能となっています。またヒアルロン酸は、垂れ下がったパーツだけでなく、鼻筋や唇にも注入することができます。これにより、鼻は高くシャープに、唇はふっくらとするので、顔は一層魅力的な状態になるのです。