あごのたるみに別れを告げる|リフトアップ活用で若返り

レディ

お肌の若返りを目指して

カウンセリング

自宅で簡単セルフケア

年齢と共にお肌のたるみが気になってくること、ありますよね。油断していると、20代を迎えた頃から、少しずつ頬のハリが少なくなり、肌がたるんでいってしまいます。お肌のたるみにより、シワの原因になったり、表情筋が下がって、笑顔も曇りがちに。だからこそ、日頃のケアでのリフトアップはとても大切になってきます。たとえば、洗顔するときや、スキンケアの乳液やクリームで、下から上に、下から上に、というのを意識するだけでも十分にリフトアップに繋がります。また、歯磨きの際に、歯ブラシの背中を頬の裏側にあて、上に流すようにして歯を磨くことも、リフトアップに繋がります。リフトアップすることで、シワの予防にもなり、肌が若返って見えることで、自然と笑顔も美しくなります。ただ、普段のセルフケアだけでは、どうしても、ちゃんとリフトアップできているか、このやり方であっているのか、など不安になることもありますよね。すぐにその効果を得られるものでもないので、そういった方には、美容外科での施術がオススメです。

施術方法は様々です

美容外科でのリフトアップには、様々な施術方法があります。個人差はありますが、そのどれもが、自宅で簡単にできるセルフケアよりも、早くに効果を感じることができるでしょう。たとえば、角質をケアしつつ、潤いまで与えてくれるピーリングは、もちもちの肌になれます。他にも、ヒアルロン酸など、シワやハリ不足に役立つ美容注射や、針などを使わず、跡を一切残さないような施術方法まで、本当に様々です。美容外科を利用する際は、まずお医者さんによるカウンセリングをしっかりと受けて、自分にあう施術方法を見つけましょう。また、一度きりではなく、定期的に通うコースなどもあるので、事前の打ち合わせは必須です。たるみやシワのケアは、早ければ早いほど、綺麗になれる可能性が高いので、「今だ」と思った時に始めるのが良いかもしれません。美容外科であれば、リフトアップだけでなく、プラスアルファで毛穴のケアやくすみ、ニキビ跡、凹凸などのケアまで出来てしまうメニューもあるので、美しくなりたい女性は要チェックです。