あごのたるみに別れを告げる|リフトアップ活用で若返り

レディ

重力に負けないように

微笑む女の人

顔のたるみ対策をする

40代を過ぎると、重力に負けて顔のたるみが目立ってきます。たるみが目立ちやすいかどうかは、人によって異なります。頬の肉が多くついている、ふくよかな人ほど、たるみが目立ちます。肌が下に下がってくると、法令線やマリオネットラインが刻まれ、老けた印象になってしまいます。こうしたたるみを解消するにためには、美容整形に頼るのが一番です。美容整形におけるリフトアップにはいろいろな種類があります。最も効果が高いのが、メスを入れて切り開き、そこから筋肉を引っ張る手術です。そのほか、切らないリフトアップ術として、糸で筋肉に刺激を与える方法や、レーザーを照射する方法などがあります。切らないリフトアップ方法を利用するメリットは、手軽に施術を受けることができ、施術後すぐに日常生活に戻ることができる点です。施術直後からメイクが可能で、特別なアフターケアも不要なことが多いです。人によって効果の出方は異なりますが、切らない施術でも、一定期間リフトアップの効果は持続します。

他のケアも一緒に

切らないリフトアップの特徴は、日ごろのケアやそのほかの施術と一緒に行うことで効果がよりアップするところにあります。メスを入れて筋肉を引き上げる手術では、手術さえすればリフトアップを実感できます。一方、切らない施術の効果は、一定期間継続するものの、永続的なものではありません。定期的に糸で刺激を与えたり、レーザーを照射したりすることが大切になります。その持続期間をのばすために、日ごろのケアが大切なのです。美容整形外科や美容皮膚科など、切らないリフトアップ方法を取り入れている病院では、効果を持続させるための方法について指導してくれます。たるみ防止成分を含む化粧品によるケアをすすめられたり、相性の良い他の施術を提案してくれたりします。こうしたアドバイスを受け入れ、総合的にたるみ対策を行っていくことが大切になります。病院によって治療方針が異なるので、希望を話し、よく相談したうえでリフトアップを目指すと良いです。どの施術にも多少のリスクはあるので、そういった説明を受けることも大切です。