あごのたるみに別れを告げる|リフトアップ活用で若返り

レディ

顔を引きあげて若々しく

注射するレディ

加齢によりたるみが気になってくる方もいると思います。リフトアップをしたいけれど、整形に抵抗がある方は顔に注入をしてリフトアップする方法があります。リフトアップをする方法は、皮膚を切る方法や糸で皮膚を引き上げる方法など様々ですが、その中でもヒアルロン酸やボツリヌストキシンを注入する方法があります。たるみがある箇所に注入する事で、リフトアップをさせる事が出来ます。他の施術方法と比べて安全性が高い事が特徴です。ヒアルロン酸やボツリヌストキシンを注入する上で気をつけたい点は、副作用やアレルギー反応が出る場合があるという事です。また、内出血など皮膚に異常が見られる場合もあるので、安全に出来るのかしっかり医師と相談する必要があります。施術後で注意する事はなるべく血行の流れが良くなる事はしないという事です。特にボツリヌストキシンを注入する場合、激しい運動をしたり入浴をするなど血行を過度に促進してしまうと、内出血や腫れる原因にもなるので控えた方が良いです。

注入施術の特徴として、メスを使わずに安全に出来る事や、施術時間がかからないなどが挙げられます。他の施術方法よりも施術方法の安全性や時間、金額などがかからずに気軽に行いやすい事も魅力の一つです。ヒアルロン酸は体内にもあるヒアルロン酸を注入する事により、リフトアップをしたりほうれい線の改善などにも使われています。ヒアルロン酸の場合、即効性があり、また半年に1回通うので施術時間もかからないのが特徴になっています。傷跡も残らず、麻酔だけなので痛みもあまり感じない事で、気軽に行う方が増えています。ボツリヌストキシンの場合は、ボトックスとも呼び、ボツリヌス菌という製剤を注入します。それにより、筋肉の働きをコントロールし、リフトアップが出来たり、シワなどを解消する事が出来るのです。ボトックスもヒアルロン酸と同様に体への負担が少なく安全性が高いです。どちらも痛みが控えめだったり傷跡も残りづらいので安全ですが、しっかり医師と相談してから行いましょう。