あごのたるみに別れを告げる|リフトアップ活用で若返り

婦人

たるんだ顔を引き締める

ドクター

各種の施術方法

顔のシワやたるみを取るために、美容外科では各種のリフトアップ手術を受けることができます。リフトアップ手術とは、顔の皮膚にメスを入れて引き上げる手術法となります。しかしメスを入れずに糸で持ち上げたり、ヒアルロン酸をシワの部分に注入したり、レーザーや高周波で刺激を与えたりするのもリフトアップと呼ばれます。それぞれの美容外科によって、得意な施術は異なります。流行だからといって、その施術の経験が少ない美容外科に依頼すると、失敗する可能性があるので注意が必要です。どんな施術が最も効果的か、じっくりとカウンセリングを受けて話し合うことが大切です。メスを入れるリフトアップには、額や頬など目立つ部分だけを引き上げる手術と、顔全体のたるみを取る手術があります。また表面の皮膚だけを持ち上げても戻ってしまうことが多いので、筋膜や筋肉まで一緒に持ち上げる手術が行なわれる場合があります。いずれにしても大がかりな手術になり、傷跡が残る可能性も大きいので、医師の熟練は欠かせません。

糸を入れる方法とは

メスを入れるリフトアップ手術は、体への負担が大きい反面、効果が確かで長続きするというメリットがあります。反対にレーザーや高周波による治療は、一定期間しか効果が続かないかわりに、ダウンタイムが短く傷跡も残らないのがメリットです。どちらを選ぶかは、施術を受ける人の考え方次第です。お金や時間に余裕がある方は、本格的な手術を受けるのも良いでしょう。両者の長所を取り入れたリフトアップ術として、最近の美容外科では糸で持ち上げる方法が人気です。この方法は、傷跡はごく小さいので目立たず、体内で溶けない糸を使えば、効果が半永久的に続きます。溶ける糸を使えば次第に元へ戻りますが、皮下の線維芽細胞が刺激されるので、肌のハリを取り戻す効果があると言われています。美容外科によっては単独の施術ではなく、メスを入れる手術と糸を使う手術を組み合わせたり、レーザー治療を併用したりしています。それぞれのメリットとリスクをよく聞いて、目的と予算に見合った方法を選んでください。

オススメリンク

  • フェイスラインが気になる方の為のフェイスアップのおすすめ美容外科?徹底比較サイト?

    綺麗な顔のラインが作れる人気の施術。リフトアップで小顔を目指してみませんか?こちらで知ることができます。
  • フェイスアップ.com

    リフトアップについての効果がサイトで紹介されています。一度拝見してみたいと考えているならここを見てみよう。

お肌の若返りを目指して

カウンセリング

一気に肌年齢が若返って見える、リフトアップ。自宅でこまめにセルフケアをしつつ、さすがにまずいかも、と感じた時には、美容外科で美しい肌を手に入れましょう。肌が若いと年齢も若く見え、いつまでも美しく健やかに日々を送れるはずです。

詳細へ

魅力的な顔になる

注射器

肌がたるむことで垂れ下がった目元や頬は、ヒアルロン酸注入によってリフトアップさせることができます。しかも分子サイズを大きくしたものが注入されるので、体内のヒアルロン酸と同化しにくく、効果は2〜3年持続します。安全性が高く、施術時間も短くダウンタイムも生じないため、ヒアルロン酸注入は注目されています。

詳細へ

顔を引きあげて若々しく

注射するレディ

注入方法は施術方法や施術時間など、全体を考えても気軽に行いやすいです。最近、顔のたるみで悩んでいるけれど、リフトアップをするのに整形を行うのは抵抗があるという方は、ヒアルロン酸やボツリヌストキシンを注入し、自然と若々しい顔を目指してみてはいかがでしょうか。

詳細へ

顔のたるみを改善する

鏡を見る女性

糸を使ったリフトアップはメスを入れる必要がなく、ダウンタイムが短いのがメリットです。使用する糸には体内で溶けるものと溶けないものがあり、各々に長所と短所があります。また後戻りしにくいように改良が加えられています。

詳細へ

重力に負けないように

微笑む女の人

40代以降、顔のたるみが目立ち始めます。美容整形外科や美容皮膚科では、メスを入れて筋肉を引き上げる施術のほか、切らないリフトアップ術を実施しています。切らない方法でも、一定期間効果が持続するというメリットがあります。

詳細へ